カテゴリ: 2300回~

前回、

「Facebookで情報交流を楽しむ

仲間を増やす一番の近道は

まず、実際にfacebookに登録し、

親戚の若者たちが登録していないかどうか、

調べてください。

facebook仲間を増やす近道は

親戚の若者への接近だと思います」

と書きました。

これは体験から得た話です。

 

先日のこと、

妻と話しているとき、

妻の姉の孫たちのことになり、

ためしに、調べたら、

孫のうちの一人の女の子は大活躍で、

100名近い仲間を相手に情報交流を

楽しんでいます。

 

100人の仲間の中には

昨年、晴れて関西の大学に合格した

大学生もいて、私は面識はないのですが、

メッセージを流しました。

 

すると直ぐに返事があり、

「戸田さんのことは母からも

祖父母からもよき聞いていて、

一度、お話を伺いたいと思っています。

よろしくお願いします」と

殊勝なことを言います。

 

ちょうど、3月31日、

大阪市の中央公会堂で株式投資の勉強会があり

翌4月1日には、

阪急電車の池田市にある

阪急グループ創設者 小林一三翁や

インスタント・ラーメンを開発した

安藤百福氏の記念館を訪ねます。

 

これらの勉強会は大学生にも役立つと思い、

招待するので、都合がつけば、きてくださいと

伝えました。

 

また直ぐに返事があり、

両方とも参加させていただきますと

返事がありました。

 

ということで、この二つの勉強会には

大学生も飛び入り参加することになりました。

 

ついでに言うと、このことを

大学生の祖父母である私の妻の姉夫婦に

伝えると、姉夫婦は二つ返事で

自分たちも出席するということになりました。

やってみると思いつかんかあたようことを

体験することになります。

 

facebookはいま流行になっていますので、

自分もはじめようか、どうしようかと

考えている人が多いと思います。

 

そんななか、なんでもやってみようという

行動派の人は

「まずはアクションが第一。

やってみて、考えるのはそれから先」

と登録に踏みだします。

 

私などもその一人ですが、

「自分には交流してくれそうな人が

見当たらないので辞めとこう」と思っている

慎重派の人がおられるかもしれません。

 

実際、私など、おりおり

各地で勉強会を開いているので

普通の年配者よりは

友だちは多い方だと思います。

 

ですが、私の勉強会に参加してくれる方々は

ほとんど、facebookには登録されていないので、

私も始めた頃の友人は10名たらずでした。

 

それで、仲間を増やす道はないかなあと

思って、妻の姉たちの子供たち

―といっても学生や社会人ですがー

はどうなのかと、調べたら、

彼らそして彼女たちは、

facebookで、自分のコーナーを持って

情報発信を発信を楽しんでいます。

 

こうしたことから、日本人のうち

facebookを利用している20人のうちの

一人は、こうした若者のようだということに

気づきます。

 

ですので、一度登録して、

ご親戚のお子さんたちが

登録していないかどうか、試してください。

私や妻の体験ですが、

facebook仲間を増やす近道は

親戚の若者への接近だと思います。

 

いまfacebookを利用する人は

世界で8億人いて、日本についても

20人に1人は利用しているのだそうです。

 

自分の周辺を見てみると、

利用している20人のうちの1人より

利用しない19人の人が目立ちます。

 

概して、会社勤めをしている人の多くは

自分の実名と顔写真を出して、

自分が感じたり、考えていることを

公にすることにためらいを感じるようです。

 

もちろん、会社勤めをしていても

facebookに登録をし、

自分の発言の場を確保している人もいます。

ですが、こういう人は少数派ではないでしょうか。

 

また自由に発言できる立場にある人でも

仕事や子育てに追われている人は

facebookとつきあっている時間はないと

感じているようです。

 

私のファミリーでも、

長男と子育てに追われている次女は

facebookは利用しないと言っています。

 

一方、長女は会社に勤めていますが、

私よりも前にfacebookに登録し、

自由に発言し、写真なども載せていることを

最近知りました。

 

そして、長女のサイトを見ると、

親戚の子供たち

―社会人になっている人も

学生もいるのですがー

それぞれにfacebookに登録し、

自由に発言する場を得ています。

 

こういう状況を見て、

私はfacebookを利用する人は増えると感じました。

 

人間、感じたり、考えたりしたことを

自由に仲間に伝えることは楽しいことで、

その楽しみを得た人は、それを持ち続けよう

とするに違いないと感じるからです。

 

facebookを始めると、

知っている人でfacebookに登録している人は

いないかなと思って探し出します。

 

facebookでは

自分の発言を見てくれるのは、

自分と同じようにfacebookに

登録している仲間になるからです。

 

私のセミナーによく

参加してくれる自営業の方で

最近、i pad やI phoneを買い、

「たいへん便利」といっている人がいます。

 

この人ならfacebookに登録しているだろう

ろ思って調べると、同姓同名の人が

登録していることを知りました。

 

顔写真は出ていないのですが、

個性的な名前なので、てっきり、

私の知っている友人だろうと思い、

何度かメッセージを入れました。

 

しかし、一向に返事がないので

メールで確かめたら、返事があり、

「自分はfacebookはやっていない」

とのことです。

 

「やろうと思うのですが、

まだ自分に必要性を感じず、

何に利用したらいいのか

具体的にイメージが湧かないからです。

戸田さんのように、情報を発信する立場なら

必要かとも思うのですが。

活用法があれば、アドバイスを下さい」

とのコメントがありました。

 

一月中旬のことでしたが、

私は次のような返事を送りました。

 

「facebookは若い人のまえのツールで

自分のような年配者には無縁と思っていましたが、

私より年上で利用されている方がおられることを

知り、ものは試しと思って登録しました。

 

最初は私の知っている人で

facebookを使っている人は10名足らずでしたが、

交流を求めている人は積極的に使っていて、

私もfacebook上での友人を増やす努力し、

いま60人程度の方々と交流しています。

 

実際に使ってみての感想ですが、

自分の感じたこと、考えたことを自由なスタイルで

伝えるのに便利なツールだと感じています。

 

私もこの60名程度の友人を100名程度に増やし、

コラムの読者とは別の友人を増やそうとしています。」

 

ちなみに、いま私のfacebook仲間は

10名ほど増え、70名程度になっています。

 

 

 

ある日の夕方、

大阪に住む長男の家に行き

「最近、facebookというのをはじめた」

と言ったら、翌朝、嫁が

「最近、お父さん(長男のこと)がこういう本を読んでいます」

といって、一冊の本を見せてくれました。

 

facebookを創業した

マーク・ザッカーバーグが著した

『フェイスブック 若き天才の野望

 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)』

という本です。

 

長男は脳神経外科医として

世界的な舞台で仕事をしていて、

時代の新しい流れには

私などよりもはるかに敏感です。

 

「やっぱり、facebookは

長男なども関心を持つものなのだ」と感じ、

私はfacebookでの“友だち”に向かって

ときどき、短いメッセージを出すようになりました。

 

で、その後、しばらくしてから

また長男の家を訪れ、長男に

「あなたはfacebookは利用していないようだね」

と聞いたら、

「あれは、まともにつきあったら

ものすごい時間を食うので、僕はやらない」

との返事が返ってきました。

 

たしかに、facebook は

自分が今やっていること“友だち”に伝えたり

メモ風に書いたりするのには便利がいいのですが、
同時に、“友だち”からも

短い間に、数多いメッセージが送られてきます。

 

送られてくるメッセージを見ていると

こういうのを食べておいしかったとか

こういうイベントに参加したとか、

携帯電話を通してこういう写真を見つけたとか、

私からみて、さして意味があるとも思えない
メッセージが流れてきます。

 

したがって、そういうのに

いちいち付き合っておられないというのも

もっともなことで、

長男のように「facebookはやらない」

というのも一つの見識だと思いました。


なお、本日から、最近、特許事務所を開設し、

独立を果たした千ヶ崎茂樹さんのコラム連載が始まりました。

ご愛読いただきますよう、お願い申し上げます。 

 

↑このページのトップヘ