カテゴリ: 2150回~

8月14日、ペトロベトナム・ドリリング(PVD)で

質疑応答に入っていたとき、
そのあとに訪問する予定であったキンド食品(KDC)から、
訪問受け入れをキャンセルするとの連絡が入ったと、

ジャパン証券から伝えられました。

 

ベトナムでの会社訪問のなかで

はじめて経験する突然の

訪問受け入れ中止です。

 

経済発展途上の国では、

一般的に投資家に対して事業の状況を

説明する必要性や重要性の認識が

浅いことはよく承知しています。

 

邱永漢さんの中国の上場会社への

訪問体験を読んでも、投資家への

対応をないがしろにする企業に

何度か、出会われています。

 

ですから、突然の中止に

「こういうこともあるのだ」と

自分に言い聞かせましたが、

企業訪問を楽しみにして

参加いただいる方々には

まことに申し訳ないことです。

 

止むを得ません。

ジャパン証券のアドバイスを受け

翌日に予定していた

ビテクスコ=ファイナンシャル=タワー(Bitexco Financial Tower)
の見学を繰り上げて実施することにしました。

 

そのことを、ペトロベトナム・ドリリング(PVD)での

聴取を終え、バスの中で、参加いただいた皆さんに

説明しました。

 

食品会社はベトナムの人たちの生活に

密着した事業を行い、私たちにも

親しみやすい会社なので、

楽しみにされていた方も多いと思います。

 

ですが、参加いただいた方々は
この訪問中止の知らせを冷静に受け止めてくださり

気持を切り換え、ビテクスコ=ファイナンシャル=タワーに

向かっていただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2,012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペトロベトナム・ドリリング(PVD)

の広い会議室に案内していただきました。

 

広報担当の方々が私たちを迎え入れてくださり、

事業内容を伝える英文の資料を大画面に映し出し、
広報担当がの英語での説明を、

ジャパン証券の竹内アナリストが

翻訳してくれました、

 

4年前にも同じような形で

説明を受けたのですが、

4年前のときは英語の活字が並んでいただけですが、

今回は資料の中に写真や図やグラフが

ふんだんに使われカラフルで素人である
訪問者にも分かりやすいように工夫されています。

 

たとえば、親会社のペトロ・ベトナムが

いまベトナムのどの海域で仕事をしているかとか、

PVDが保有している8つのリグが

いま、どういうプロジェクトで
使われているかが明快に表示されています

この説明の進化というか、質的向上に
私は驚きました。

 

また説明の中にPVDの売り上げや財産が

近年どう変化したかのグラフもあり、

4年ぶりに訪れた私はその変化に注目しました。

 

売上高は

2007年2739(単位 VND Billion)から

2011年7572へと約3倍に増加しています。

 

また財産は2007年の4300(単位 VND Billion)

から2011年には17000へと約4倍に拡大しています。

 

こうした動きから、PVDは
着実に発展、拡大の道を走っていると感じました。

 

説明が終わって、質疑応答になり、

経理・財務担当副社長の
Ms.Ho Ngoc Yen Phuongが

私たちからの説明に応じてくださいました。

 

PVDの競争力は何かとの説明に対し、

「他社は掘削機械をリースしているだけだが、

当社は掘削機械を操作する作業者の

スキル・アップに努力し、そうした作業員も

機械と一緒に提供している」という回答があり、

これが印象に残っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2,012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月15日、ホアン・アインザーライ(HAG)社に続いて

ペトロベトナム・ドリリング(PVD)社を訪ねました。

 

ベトナム南部の沖合いの大陸棚に
豊富な石油が埋蔵されていることは良く知られたことです。

このベトナムにおいて
原油・ガスの上流開発から
下流分野までの業務を所管していのが
ベトナム最大の国営企業、

国営ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)です。

私たちが訪れたペトロベトナム・ドリリング(PVD)は

この国営ペトロベトナムの子会社で、
ベトナムにおける原油掘削の
中核的な役割を担ている会社です。

 

具体的にはベトナムで石油を掘削す津

国内外の石油会社に対し

掘削リグをリースしたり、
掘削作業に従事するオペレーターも

提供する会社です。

 

この会社を訪れたのは

今回のセミナーに参加された方の

要望にこたえるためですが、

私としては4ぶりのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2,012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

ホアインザーライ(HAG)社の

今後の事業方向について次のような説明を受けました。、

 

ホアインザーライ(HAG)社の

収入の中心はいまは不動産事業で

全体の60%強に及んでいる。

 

天然ゴム、水力発電、鉱山の各事業

からの収入は全部合わせて40%弱です。

 

しかし、同社は現在これらの

事業の拡充を進めている。

 

天然ゴムについては

ベトナムのほかカンボジア ラオスで

プランテーションを拡充して、

2013年からの事業収益が拡大する。


また鉱山事業については
ベトナムおよび中国における
鉄鋼需要の拡大を見込んで

開発の権利をベトナムだけでなく

ラオスやカンボジアでも獲得している。

 

また水力発電については

中小型の水力発電所をラオス国境地帯に建設している。

 

このため、2015年の収益割合は

天然ゴム  30%

不動産   25%

鉄鉱石採掘 20%

水力発電  15%

になる見通しである。

 

以上の説明からHAG社は

不動産事業中心の会社から

天然ゴム栽培、鉱山事業、水力発電の

事業を多角的に推進する会社へと

大きく変化していく方向であるがよくわかりました。

 

会社の舵取りを切り替え

その結果が4,5年先に現れてくる

との説明は力強いと感じました。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2,012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ホアン・アインザーライ(HAG)社を
創業したドゥック会長のプロフィールについて
会長秘書が丁寧に説明してくれました。

 

続いて、二つ目の質問、

「不動産事業、天然ゴム栽培、

水力発電の開発・運営、鉄鉱山の開発・運営

の各事業には相互に関連がないようにも見受けられるが

そのわけを教えていただきたい」
対ししての説明をいただきました。

 

「『ホアン・アインザーライ(HAG)』という社名は
『ザーライ省のホアン(HOANG)ちゃん』という意味です。

ドゥック会長の郷里はベトナムの中部高原地域にある
『ザーライ省』です。

 

そして、会長は3人の子供がいまして、
長女の名前が「ホアン(HOANG)」です。

 

この長女の名前と郷里の名前をとって
社名を決められたわけです。


おっしゃるとおり、

天然ゴム、水力発電、鉱山開発

の各事業には一見関連がないように見えます。

 

ですが、これらは

ドゥック会長の郷里である
『ザーライ省』の天然資源を

活かし、そのポテンシャルを活かす

という点で共通しているのです。

 

ドゥック会長は不動産事業の成功で

得られた豊富な資金を郷土の発展の

ために注ぎ込むことにしたのです。」

 

この説明を伺って、

私の疑問はスッキリ解けました。

 

この疑問、多分、

ベトナム株に関心を持つ多くの方に
共通しているものの一つだと思いますが、

やっぱり実際に会社を訪問し、
聞きたいと思っていることや

疑問に思ったことを聞くのがいいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2,012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

↑このページのトップヘ