カテゴリ: 2100回~

6月17日、洛陽に着き、市の中心から離れた

ホテルに着きました。

 

部屋のドアを開き、綺麗なホテルだなと思いました。

あとで、聞いたのですが、このホテルは今回

事業内容を説明してもらう洛陽モリブデンが
創ったホテルとのことでした。

 

さて、この洛陽モリブデンへのアプローチですが、
考察団事務局としては現場視察を
強く要求されたとのことですが、
同社としては山里は離れたところにあるので、
ホテルで説明するということになりました。

 

同社のスタッフから
うかがった事業概要の要点は次の通りです。

(1)モリブデンを主とし、タングステンを副として
鉱石の発掘から精錬、加工までの一環生産を行っている。

(2)金、白金も発掘し、精錬している。

(3)モリブデン生産会社として、中国では最大で世界では4位になる。
(モリブデンの生産国はアメリカ、チリ、中国の順)

 

(4)モリブデンは石油化学や化学肥料など化学工業品として使用されている。

(5)、タングステンは電子部品(集積回路など)に使用され、
分野は宇宙開発、原子力開発、軍事関係に及び、
戦略的な商品とされ、レア・アースと同様、国の指定を受けている。

(6)輸出はしておらず、すべて国内で販売している。

(国内市況のほうが国際市況が高いから)

 

(7)2009年は金融不安の影響を受け、赤字を余儀なくされたが、
2010年は業績が回復し、黒字を計上。利益のほとんどすべてを
配当にまわした。

(8)従業員数は約8000人。


この会社の説明にたいしても、参加者から質問が相次ぎ、

邱永漢さんから、きちんと配当している経営姿勢を
多とするという趣旨の意見が述べられました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。満室になりましたので、募集を締め切りらせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(16名の方々に参加いただきます)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホーチミン視察旅行の報告をかね、 8月27日、大阪8月28日名古屋9月3日東京で、中国株、ベトナム株セミナーを開催します。 
また 10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(8名の方々から参加意向をいただいています)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

6月17日、私たちは鄭州のホテルから
バスに乗ち、洛陽に向かいました。
2時間ばかりして高速道路を飛ばし、
2時間くらいたったところで、
洛陽に着きました。
 
昔の大きな城壁を見ると、
日本の先人たちは遠路はるばる、
この地にきたんだなとしばし
感慨を覚えました。
 
古くは、博多湾志賀島で発見された
「漢委奴国王印」(かんのわのなのこくおういん)。
これが奴国からの朝賀使に後漢の光武帝から
贈られたのがこの洛陽と聞いています
 
また遣隋使が隋の煬帝に
「日いづる所の天子、書を日ぼっする所の天子に致す」
という聖徳太子から書簡を渡したのも
この洛陽と聞いています。

また若き僧として中国に渡った
空海も、この洛陽を経て、長安(現在の西安)
に入っています。
 
ガイドさんから教えてもらったことですが、
定鼎堂という殿堂の横に
「日本国遣隋使遣唐使訪都之地」
という記念碑があるのだそうです。
 
ですので、しばし、バスを止めて
ゆかりの地を訪ねてみたい気がしましたが、
邱永漢投資考察団は、名所旧跡めぐりより
名所親跡めぐりの旅です。
 
バスは古城を通過し、
洛陽市の近代的なデザインの建物をみたあと、
ホテルに向かいました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。満室になりましたので、募集を締め切りらせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(16名の方々に参加いただきます)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホーチミン視察旅行の報告をかね、 8月27日、大阪8月28日名古屋9月3日東京で、中国株、ベトナム株セミナーを開催します。 
また 10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(8名の方々から参加意向をいただいています)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「鄭州」について知っているのは
「鄭州ガス」だけと書いて、自分の勉強不足を
露呈しましたが、鄭州から黄河を見に行く道中、
また黄河を見終えてもどる途中、あちこちに
「中原」(ちゅうげん)と書いている看板を見て、
心のトキメキを感じました。
 
というのも「中原」(ちゅうげん)という言葉は
高校生の頃、漢文を勉強したころに出てきていて
中華文明の中心地という意味だったように
記憶しているからです。
 
ですので、鄭州の周辺が
中華文明が起こった地域ではないかと
思い、思わぬ発見をしたように思ったのです。
 
「中原」という言葉は
邱永漢さんの『食は広州に在り』にも
出ていたように記憶していますが、
どこに出ていたのか、いまそれを
突き止めることができません。
 
なら、同じく邱さんの
『中国の旅、食もまた楽し』に出ていないかと
ページを繰りましたら、やっぱり出ていました。
 
「中国の文化と言えば
中原(ちゅうげん)の文化であり、
『中国を制する者は天下を制する』
と昔から言われている。
中原とは黄河の流域のことで、
中国地図を拡げるとかなり北のほうに
位置しているが、商(殷《いん》の時代
(約 3千5百年前)から北宋にいたるまで
歴代王朝はこの地域にひらかれ、
続々古跡が発掘されているのも
この地域である。
それというのも、
水ののあることころに農業が発達する、
農業が発達すると人が集まって村落ができ、
それがさらに次々と征服統一されて、
国になっていったからです」
(「水害の中で育った黄河文明の町鄭州」)

おかげで、この文章を読んだおかげで
鄭州への理解が格段に進みました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。満室になりましたので、募集締め切りとさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(16名の方々に参加いただきます)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホーチミン視察旅行の報告をかね、 8月27日、大阪8月28日名古屋9月3日東京で、中国株、ベトナム株セミナーを開催します。 
また 10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(8名の方々から参加意向をいただいています)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が大学を受験したのは
日本で高度成長経済が始まったといわれる
昭和35年(1960年)の翌年のことです。
 
受験科目が英、数、国のほか、
社会が2科目(世界史と地理を選択)
理科が2科目(難しい物理を敬遠し、化学と生物を選択)
と合計、9科目の勉強をしました。

目標の大学に合格しなければと
よく勉強し、いろいろな知識を詰め込みましたが、
「勉強は楽しいものだ」という感じを深めるようになったのは
大学を卒業後、社会人になり、
楽しい読物に接するようになってからです。
 
そうした楽しい読物一つが、
鳥山 喜一 (著)「中国小史 黄河の水」
(角川文庫) でした。
 
この「中国小史 黄河の水」は
妻が今はなき長女からもらたもので、
それを私は結婚してから読ませてもらいましたが、
著者のまえがきは昭和36年に書かれています。
 
この本はいまも改訂版が出ているようで
延々と読む継がれているベストセラーですが、
この本のおかげで中国の歴史、そして
世界の歴史を楽しんで勉強するようになりました。
 
さて、この本のタイトルが
示すように、中国を代表するのが
「黄河」ですが、何度か中国に行きながら
残念ながら「黄河」に触れる機会がありませんでした。

しかし、6月16日、鄭州市から
洛陽に向かうバスに乗って私たちは
黄河遊覧区に連れていってもらいました。

黄河に通じる運河のふもとで
バスをおり、ホーバークラフトに乗って
運河から黄河に出、20分ほどして
河の中に出来た砂丘の中央まで乗り上げました。

ここで下船して、思い思いに散策しました。
「左側に見えるのが劉邦(りゅうほう)と項羽(こうう)
が対峙した広武山です」
とガイドさんが説明してくれました。

説明に耳を傾けながら、周囲を見回し、
これが黄河かとつぶやきました。

河の水の色は文字通り、泥が混濁し
黄色というか、土色でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。満室になりましたので、募集締め切りとさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(16名の方々に参加いただきます)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホーチミン視察旅行の報告をかね、 8月27日、大阪8月28日名古屋9月3日東京で、中国株、ベトナム株セミナーを開催します。 
また 10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(8名の方々から参加意向をいただいています)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

6月14日、私たちは楼蘭の美女の見学を終えた後、
予定通り、河南省鄭州市に飛び、
クラウンプラザ鄭州というホテルで泊まりました。

鄭州という町は由緒のあるところとのことですが、
私が「鄭州」について多少知っているのは
「鄭州ガス」という会社だけです。

今から、5年ほど前に、邱永漢さんが
コラムで、この会社のことに言及し、
中国ではこれからプロパンガスに代わって
都市ガスが普及しつつあるところだと述べられました。

熱を発するエネルギーとして
私たちにとって親しい存在になっているのは
電気とガスですが、邱さんによれば、
中国では先に電力が開発、普及され、
都市ガスの普及はこれからだということでした。

その都市ガス供給メーカーとして
きちんと、業績を挙げ、配当をしている会社として
「鄭州ガス」を紹介され、私なども知ることになりました。

この「鄭州ガス」が昨年10月に
「華潤燃気」という会社に吸収されたのですが、
16日朝、私たちはバスで「華潤燃気」の見学に
出かけました。


最初に、都市ガスをつくている工場を見学し、
工場の代書者の方が事業内容を話してくれました。

つづいて、お客さん向けにガスを販売する
営業店舗に案内され、顧客担当の
お嬢さんがサービス内容を説明してくれ、
さらに「ガス・ステーション」と言えばいいでしょうか、
タクシーにガスを供給するスタンドに行って
説明を受けました。
 
それから広い会議室に案内され、
「華潤燃気」の幹部の方が、事業状況を説明してくれました。
 
 
説明してくれた方々にはいずれも熱気が感じられ
都市ガス供給事業は、私たち日本人には
すっかり日々の生活に溶け込んだ成熟産業の一つですが、
中国ではこれからの産業なのだということがわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。ジャパン証券平本社長も参加してくれます。6月の邱永漢中国考察団に参加して得た体験やベトナムの最新事情を伝えます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。(このセミナーには16名の方が参加されます)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホーチミン視察旅行の報告をかね、 8月27日、大阪8月28日名古屋9月3日東京で、中国株、ベトナム株セミナーを開催します。 
また 10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。ジャパン証券とAPEX社の支援を得て行います。(8名の方々から参加意向を受けています)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



 

↑このページのトップヘ