カテゴリ: 750回~

ベトナム証券取引所に上場しているベトナムの会社については
これまで外国人投資比率49%(銀行は30%)が設けられてきましたが
昨年6月、ベトナム政府の基本方針として銀行を除く外国人比率を
撤廃することが確認されました。

この動きを受け、本年7月 20日(水)、
ベトナム国家証券委員会(SSC)は、
ビナミルク株式会社VNM に対し、
外資出資規制撤廃を認め る正式な通知を行ったとのニュースが報道されました。

その後、VCD(ベトナム証券保管振替)機構及び、
ホーチミン証券取引所の手続きが完了し、
7月 22日(金)の取引から、VNM の外国人保有比率の上限が 100%になりました。

ホーチミン証券取引所に上場している大型優良株のなかでは、
サイゴン証券(SSI)に続く、2番目の 外資出資規制撤廃銘柄です。
(出典:ビナミルクについての報道についてはニュース証券)

このため、私が主宰するアジア株セミナーに参加されている方々の間で、
ビナミルクへの投資が関心事の一つになっていますが、
このビナミルクにつき、本日、日経新聞が
「33%増益ー1〜6月最終 中東など海外好調」と伝えました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベトナムの乳業最大手、ベトナム・デイリー・プロダクツ(ビナミルク)が
4日までに発表した2016年1~6月期決算は、
純利益が前年同期比33%増の4兆9860億ドン(約220億円)となった。
中東、カンボジアなど海外売上高が半期で過去最高となったのがけん引した。
国内シェアは約4割と低下傾向にあり、今後も海外市場の展開に力を入れる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この報道の続きは次回、掲載。

ベトナムのマンションというと、
場所はハノイでなくホーチミンですが、
いま、サイゴン川沿いにビイングループが
建設中の81階のマンションです。

この前、友人たちとホーチミンに行った時、
建設現場によって、いい場所にランドマークになるような
マンションができるなあ、これができた時には
訪れたいと思ったのです。

以下、このマンションについて書かれた
記事を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホーチミン市ビンタイン区で
開発中のサイゴン川沿いに位置する

Vinhomes Central Parkに81階建てのベトナムで
最も高いビルが
ランドーマークとして建設中である。

Vinhomes Central Parkは2014年7月26日に着工し、
面積43ヘクタールの用地にベトナムの
高級あふれるモダンな都市として計画されている。
ここには、住宅、別荘、オフィス、学校、
病院、ショッピングセンター、遊園地、公園などが
計画されている。

Vinhomes Central Park内の住宅購入者は
2015年の営業開始を予定している
国際総合病院Vinmec Central Parkのヘルスケアーサービスを受け、
および、小学校・中学校・高校の一貫教育を行う
Vinschool Central Parkへ入学することができる。

また、同住宅購入者は、管理費の10年間無料、
年中無休24時間5つ星ホテル並の
カスタマーサービスセンターの利用、家事サービス、
ハイレベルな飲食サービス、自宅の保持・点検サービス、
オフィスサービス、不動産賃貸支援サービスなどを享受できる。

(出典:kinhdoanh.vnexpress.net 2014年10月21日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は、日経新聞掲載のアセアン100は
タイの医療、大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービス(BDMS)
につについて、次のような記事を載せました。
この会社も関心を持っている会社なので、
しっかり、読みました。

・・・・・・・・・・・・・ 
タイ病院最大手の
バンコク・ドゥシット・メディカル・サービス(BDMS)が
東南アジア最大の病院網構築に乗り出した。

傘下の病院数を50に拡大するとともに、
最先端の医療機器や優秀な医師を持つ
「ハブ病院」を核にした高度医療網を構築。
カンボジアなど周辺国にも進出する。効率的な病院経営を徹底し、
東南アジアで台頭する中間層を取り込もうとしている。

がカンボジアのプノンペンに開いたロイヤルプノンペン病院は近代的な外観が目立つ

■「信用できる」

 カンボジアの首都プノンペンの国際空港から市内に向かう幹線道路。
昔ながらの小さな商店や食堂が並ぶ地域に
8階建てのガラス張りの巨大ビルが突如現れる。
昨年11月に開業したロイヤルプノンペン病院は
最新鋭のコンピューター断層撮影装置(CT)などをそろえ、
「カンボジアで最大、最新の病院」をうたう。

 ここで狙うのは医療ツーリズムで訪れる外国人ではなく地元の人々。
患者の8割はカンボジア人だ。
「タイ人医師はカンボジア人の医師よりもずっと信用できるわ」
と頭のけがで訪れた会社員のオーク・ソクンテアさん(32)はいう。
従来はバンコクの病院に行っていたが、
最新のCTがあると聞いて診察に来た。
旅費が浮いた上に、163ドルの診療費には会社の健康保険が下りる。

 カンボジアは1990年代前半まで続いた内戦の影響で
医療水準が他の東南アジア諸国に比べて低い。
富裕層はタイやフランス、中間層はベトナムへ治療に出かけることが多い。
「彼らはタイの病院の質を理解している。
近くに開業すれば必ず来てくれるはずだ」
とロイヤルプノンペン病院長のソムアク・ウォンコムトオン氏は話す。

今から50年も前の

昭和35,6年の頃の話を持ち出して

平成24年の今の時代に

何か意味があるのだろうかと思われれる方が

おられるかもしれません。

 

でも、邱永漢先生においては

『投資家のための会社拝見』で、

日本の成長銘柄を選んだ時の姿勢で

中国の成長会社を選ばれたと私は考えています。

 

2010年7月13日に書かれた

「第3777回 近く勝利管道の工場見学に行く所です」

というタイトルの文章で、

先生は次のように述べておられます。

 

「時代が変わると、

成長株も変わると私は思っているので、

(上海)万博が終ったら、

人手不足による賃上げも手伝って、

中国は本格的な消費経済の時代に入ります。

そのために私も次の時代の成長株探がしに血眼になって、

とりあえず4つほど新しい銘柄に目をつけたのですが、

私の目に狂いがないかどうかは

もっと時間がたって見ないとわかりません。

 

さしあたりやらなければならないことは

経営者に会うことと、現場の見学をすることです。

50年前、私が週刊誌で『会社拝見』という頁を受け持った時、

私が眞っ先にやったことは社長に会って

その人の抱負をきくことと工場や売場の現場を見ることでした。

いまでは当り前のことですが、

工場まで見て責任者にインタビューをしたのは

戦後の日本では私がはじめてだったのです。」

ですから、10年前、東洋証券の深堀さんに

「投資家のための会社拝見」を手渡したのは

当を得た行為だったのではと考えています。

この2回ばかり、ベトナムでは電力不足が
深刻な問題であることを伝える論文を紹介しましたが、
今年の8月03日、ベトナム電力開発計画の作成に
協力した日本の独立行政法人国際協力機構、JICAが、
ベトナムの首相がこの計画を承認したことを
次のように発表しました。

「JICAがベトナムで実施した
『電力セクターマスタープラン調査』(2005~2006年)で
策定された2006~2015年の国家電力開発計画
(略称:第6次電力計画)が、先頃、
グエン・タン・ズン首相から承認された。

ベトナムは、電力の安定供給を
最重要課題のひとつと位置づけ、
これまで5年ごとに電力開発基本計画を策定し、
計画的な電力設備の開発を目指してきた。

しかし、経済の堅調な成長を背景に、
過去10年間の電力消費量、最大電力は
想定していた電力供給量を上回る高い伸び率となっており、
電力不足による計画停電まで行われていた。

ベトナム国家電力調整センターによると、
暑さの厳しい日には、1日の電力消費量が
過去最大の2億1700万kWhに達する日もある
と予想され、送電停止に陥る可能性もある。(中略)

ベトナム政府は今回承認された電力開発計画をもとに、
電力供給量の年間17~20%増加、
また急激な需要増に備えて
最大22%増まで対応できるよう
電源開発を行っていくことになる。」

JICAによれば、日本はこれまで、
ベトナムの電力供給の危機的な状況を支援するため、
過去5年間に電力分野へ円借款1,417億円を供与するとともに、
JICAの「電力セクター改善プログラム」による
技術協力を通じて電力システム計画に関する
キャパシティ・ビルディングなどを支援し、
同セクターにとっての最大の援助供与国になっているとのこと。

このJICAからの発表から、
ベトナム政府が堅調な経済成長に対応した
電力供給に本腰を入れていることを
読み取ることができます。

↑このページのトップヘ