2015年、三菱東京UFJ銀行が

ヤンゴン市内に代理店を開設した。

その時のローターの報道です。

三菱東京UFJ銀行は22日、

ミャンマーの最大都市ヤンゴンに支店を開設した。

昨年(2014年)10月、ミャンマー政府から

営業認可を得た外国銀行9行の中で同行が初となる。 
 

渡邊剛常務執行役員アジア・オセアニア本部長は

ヤンゴン支店での記者会見で、
払込資本金は最低額の7500万ドルに対し1億ドルになったと指摘。
「ミャンマーに対する強力なコミットメントを示す」と語った。 
 

さらに1年後をめどに150口座、1億ドルの預金獲得を目指すとした。