今朝の日経新聞は
ベトナムのビングループ(ベトナムの不動産最大手)が生産する
国産車のうち、最高の人気車種を伝えた。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初の国産車「ビンファースト」として発売する20車種のうち、
消費者投票で最も人気が高かった車種を発表した。
イタリアのデザイン会社によるセダン。


6万2000人の投票のうち、36%を占めた。高級感、外車の雰囲気などベトナム人の嗜好をとらえた。

ビングループは北部ハイフォンの経済特区に335ヘクタールの土地を確保し、車体、エンジンの組み立て、塗装など全ての製造ラインを持った大規模な工場を建設する計画だ。18年後半に準備段階として電動バイクを製造し、19年後半から自動車生産を始める。

セダン、多目的スポーツ車(SUV)などまずは年間10万~20万台のペースで製造し、2025年には同50万台を生産する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

ビンは独シーメンスと工場の設計で提携したほか、独ボッシュのベトナム法人から幹部をヘッドハントするなど技術と人材の蓄積を進めている。