先日の東京でのアジア株セミナーでも
私が見てきたホーチミンにおける
大きな変化を伝えました。

その話を聞いた友人は
昔、邱永漢先生がNHK BSで、
上海から中国における経済発展の話を思い出した
と私に話しました。

友人の感想を聞き、そういう風に
伝わったのかと面白く感じましたが、
 邱先生がNHK BSで伝えた”上海レポート”
というのは、
「世界潮流2002。巨竜世界へ 
中国経済・躍進の行方」
と題するものです。

今から15年前の2002年5月25日に
放映されたものです。
その1.2年前から中国株(上海B株)が
上がり始め、中国に対する関心が
高まり始めた頃のことです。

私自身、その頃の中国の
上海や北京や天津や大連を訪れています。
中国とベトナムではそのスケールにおいて
大きな違いがありますが、
起こっている変化は似通っている
と思いました。