かつて、邱先生が先生のもとで
仕事をするようになった若い人たちと
しばし懇親された
ルー ソン ユエン ホテル(侶松園賓館)
で食事をしたあと、荒木さんと別れ、
私たちは北海公園まで歩きました。

そのあと友人が「天壇 」にまだ行っていないと
ことなので、案内。
改めて天壇公園の広さに驚きましたが、
そのあと、地下鉄を利用して、
三里屯(さんりとん)に向かいました。

私が「三里屯」の名前を知ったのはずいぶん前のことで、
日本から北京に移った青年たちから教えてもらったのです。
 
とても洒落たところとのことで、
いまはユニクロも進出しています。
あるガイドによれば、
「三里屯はもともと北京の城壁から
三里はなれた農舎があったことから
この名前がつけられました。

その後、周恩来の指令により
この地に大使館が並ぶようになり、
徐々に現在のようにバーストリートが
出来上がっていったのでした。
ここは流行の最先端を行く場所であり、
夜ともなる多くの外国人と
ファッショナブルな若者たちでいっぱいになります。」

私たちはユニクロ店近くのレストランで
アジアの料理をいただきました。