北京のパン工場を見学する一年ほど前
私は業者の原田一臣さんにその旨
お願いしました。

そのとき、原田さんは
「北京のパン工場はつぎ足しつぎ足しなんです」
とおっしゃいました。

そのとき、私は阪急グループ創業者 小林一三社長に
仕えた清水雅さんが書かれた文章が思い浮かびました。

 あるとき、清水さんは小林一三さんについて
欧州旅行について、ヨーロッパを見学。

その道中、ある百貨店の前で
小林は清水さんに向かって
「あの百貨店を見なさい。
つぎ足し、つぎ足しの跡が見えるだろう。
成長の証だ。こういう会社がどんどん成長するんだ」
と。
その話を聞いた清水は
「社長は、目の前の百貨店のことを言っているが、
自分の会社のことを言っている」と
思ったとのこと。

そういう話がどこかに書かれていたのを
思い出したのです。

「会社はつぎ足し、つぎ足しで大きくなる」
あるいは
「つぎ足し、つぎ足しで拡張する会社が成長する」
とも理解できます。

実際に工場を見学し、
どこが「つぎ足し」なのか、
私には全くわかりませんでしたが
昔、小林一三・清水雅両者の間で
欧州で交わわされた言葉が
北京で思い出され、興味深いことでした。