2011年09月

ユニチャームが

ベトナムにおける紙おむつ、生理用品分野の大手
ダイアナの株を買収することを発表した翌々日の

8月27日、双日、大和ハウス、神鋼環境ソリューション

の3社が共同で、ベトナム南部のロンドウック省に

工業団地を設立することを決めたことを発表しました。


この工業団地はホーチミン市より東方
約40kmの位置にあるとのことで、
ホーチミン近郊に日系資本による工業団地が
つくられるとの知らせに興味を持ちました。

というのも

ベトナムには実に
多くの工業団地がつくられていて、

多くの日本企業が進出されていますが、

初期の頃はホーチミン近郊に工業団地がつくられたけそ
最近はベトナム北部のハノイ近郊にの大型工業団地が
造られていると理解してきたからです。

 

ですから、今回、北部でなく、
南部に大型工業団地が造られるとの知らせに
新鮮味を感じ、またそれだけ、
ベトナムに進出したいと考えている

日本の会社が多いのだろうと想像しました。

双日や大和ハウスのニュースレターを拝見しましょう。

 

「双日、大和ハウス、神鋼環境ソリューション3社は
工業団地の事業会社である
ロンドウック・インベストメント・ジョイントストックカンパニー
(Long Duc Investment Joint Stock Company、以下LDIC)の株式の88%を、
現地パートナーのドナフード社(Dong Nai Import Export Processing Agricultural Products and Foods Company)他より取得します。

取得後の4社の出資比率は、
それぞれ、双日57.3%、大和ハウス工業22%、神鋼環境ソリューション 8.7%、ドナフード12%となります。
工業団地の第一期造成工事は2012年1月に着工、
同年夏頃より工場の建設が可能となり、2013年夏頃に
インフラが完成する予定です。」

 

ベトナムの将来に期待を寄せる人にとっては

心強くまた楽しい話です。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     * 10月9日(日) 東京で時代の潮流にマッチした利殖法探求セミナー を開きます

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加者 4名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月12日(土)、大阪で、11月13日(日)、東京で中国株・ベトナム株投資セミナーを
行います。(大阪セミナー、参加希望者8名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

昨日、ユニチャームがベトナムの

乳幼児用紙おむつと生理用品の
大手、ダイアナ社の株を今秋、
ほぼ全額買収することを発表したときの
同社のニュース・リリースを紹介しました。

 

今日はその続きは以下の通りです。

 

「ユニ・チャームとダイアナは、
(i)  ダイアナが有するベトナム市場及び消費者ニーズへの深い知見、
(ii) ダイアナの同国における多様なマーケティング・ノウハウ、
及び(iii)  ユニ・チャームの有する商品開発能力
・テクノロジー・ブランド力
等の融合を通じて、
ダイアナが持つ潜在力を更に高め、
ベトナムでの高成長を実現してまいります。

ユニ・チャームグループは
グローバル20計画において
『アジアドミナント化』を標榜しており、
ASEAN市場における女性用生理用品、
幼児用紙おむつなどの吸収体製品事業において
地位強化を図ってまいりました。

近年ベトナムの衛生用品市場は、
人口増加、経済成長とともに急速に拡大しており、
ダイアナのベトナムにおける
マーケティング・ノウハウ及び販売力といった事業基盤と、
当社グループの強みである製品開発力や生産ノウハウ
といった技術力を融合させることで、
ベトナム市場において一層のプレゼンス向上を
図ることを目指しております。


今後は収益力の更なる改善により、
海外事業での収益の拡大を加速させてまいります。」

 

この記事を読んで私は二つのことに興味を持ちました。

 

1つはユニチャームがベトナムに

おける成長性に狙いを定めたということです。

ベトナムにおいて感じられることの1つは

国民一人一人の消費力の高まりです。

国民の消費力が少しずつ高まり、
生活レベルが向上しているのです。

この点にユニチャームが着目し、
ベトナムでの高成長を目指すことにした
ということに興味を覚えます。

 

もう1つは、ユニチャームのような

先進企業の進出で、その高い技術やノウハウが
ベトナムに伝播され、そのことでベトナム人の

経営や技術の向上に寄与することになるだろう
という期待です。

 

これからのユニチャームの

ベトナムでの活躍を楽しみにさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     * 10月9日(日) 東京で自分にピッタリの海外関連利殖法探求セミナーを行います。
(参加者5名)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加者 4名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月12日(土)、大阪で、11月13日(日)、東京で中国株・ベトナム株投資セミナーを
行います。(大阪セミナー、参加希望者8名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

8月のホーチミン投資視察セミナーの

報告コラムの連載を終え、

いま10月末からの再度のホーチミン視察に

備えているところですが、

この間、日本企業のベトナムへの

更なる進出の記事が飛び込んできました。

 

最初の知らせは8月25日、

ユニ・チャームがベトナム衛生用品大手の

ダイアナを買収すると発表したことです。

 

タイやインドネシアでの事業展開で

大成功をおさめたユニチャームが

今回、ベトナムに進出するという話は

同社がベトナムの今と将来をどう見ているかを示し、

個人投資家にとってたいへん参考になります。

 

以下にユニチャームが発信したニュース・リリースを

引用します。

 

「ベトナムはASEANにおいて

第3位の8,579万人の総人口を有し、

GDPは年平均7.0%(過去5年間平均)で成長しており、

今後も更に高い経済成長と消費拡大が期待されております。

 

ダイアナは、

ベトナムの主要な小売形態である伝統的小売業を中心に、

ベトナム全土で強力な流通ネットワークを有し、

女性用生理用品、幼児用紙おむつ、

大人用紙おむつなどのパーソナル事業の分野で

複数のブランドを展開している

同国有数の衛生用品製造・販売会社です。

 

ダイアナの主力ブランドである

女性用生理用品の「Diana」や

幼児用紙おむつの「Bobby」は

ベトナム市場においてそれぞれ

第2位のシェアを有しており、

高い認知度を得ております。

 

ダイアナが当社グループに加わり、

製品ラインナップの強化、

当社生産ノウハウの導入などが可能となることで

大幅なシナジー効果が見込めることから、

当社として今回の買収を決定したものです。」

 

この続きは次回紹介します。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     * 10月9日(日) 東京で自分にピッタリの海外関連利殖法探求セミナーを行います。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月12日(土)、大阪で、11月13日(日)、東京で中国株・ベトナム株投資セミナーを
行います。(大阪セミナー、参加希望者8名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

証券取引のプロでもない私が、

ベトナム投資視察を企画し、実行できているのは、

ベトナムに唯一の日系の証券会社である

ジャパン証券から強いご支援をいただいているからです。

 

ただ、私のベトナム視察は

ジャパン証券が誕生する前から行っています。

その頃、どうしていたかといいますと

訪れたい会社をベトナムの旅行会社に伝え、

旅行会社にアポイント取りをお願いしました。

 

実際にトライすると訪問できました。

その頃、訪れたのが今年、8月に訪れた

石油掘削サービスのペトロ・ベトナム・ドリリング(PVD)

海運・港湾管理のジェマディプト(GMD)

のほか、

工業団地運営のタンタオ工業投資(ITA)、

乳製品を造りベトナム株を代表する

位置にあるビナミルク(VNM)です。

 

この体験で、
ベトナムに上場している会社の

一端にふれることができましたが、

アポイント取りが直前まで決まらず、

ハラハラさせられました。

その点、今はジャパン証券さんが
ベトナム(ハノイ市)に店を構えておられるので、

大手を振って、視察セミナーを企画できます。


ジャパン証券さんと私との関係は

2年ほど前でしたが、
私のささやかな株の勉強会に
ジャパン証券のスタッフの方に

参加をお願いすることで交流が生まれ、

ベトナム現地での会社訪問では

私の方がスッカリお世話になっています。

 

そして勝手なこともお願いしています。

これまでベトナム現地での会社訪問は

二日で4社が限度と言われてきたのですが、

セミナーの一層の充実のため、
10月末のホーチミンセミナーでは

5つの会社に訪問したいとお願いし、

いまジャパン証券さんにおいて
訪問希望企と交渉いただいているところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     * 10月9日(日) 東京で自分にピッタリの海外関連利殖法探求セミナーを行います。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月12日(土)、大阪で、11月13日(日)、東京で中国株・ベトナム株投資セミナーを
行います。(大阪セミナー、参加希望者8名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

 

今年、3月にハノイに行き、4つの会社を訪れました。

銀行のベトコン・バンク(VCB)、

鉄鋼製造のホアファットグループ・グループ(PFG)

不動産のビンコム(VIC),

金融関係のペトロ・ベトナム・ファイナンス(PVF)

です。

 

8月はホーチミンでは

多角化経営のホアン・アイン・ザーライ(HAG)

石油掘削サービスのペトロ・ベトナム・ドリリング(PVD)

海運・港湾管理のジェマディプト(GMD)

の3つの会社を訪れ、また

ビンコム(VIC)社が経営する商業・オフィス・住居の

複合施設、ビンコム・センターを見学しました。

 

いずれも、参加される方々のご意向をうかがった上で、

ジャパン証券様にIR姿勢なども考慮いただいき
総合的見地から判断し、かつ交渉いただいた上で
決まった会社です。

 

訪れる前に、市販されている

ベトナム株の本などに記述にも

一応目を通しておくわけですが、

実際に会社を訪れ、説明を受け、

聞きたいこと、知りたいことを質問することで

得られる情報の豊富で、かつ質が高いです。

 

会社の現状、向かおうとしている方向、

経営者の顔ぶれ、スタッフたちの顔ぶれ

経営者や社員の意気込み、
会社のイメージ、雰囲気などが

手に取るようにわかります。

 

そして、
この会社の株は持つことにしようか

あるいは持つのはしばらく遠慮しておこうか

といった判断がつきます。

これは市販の本などでは得られないものです。

 

訪問するたびにわざわざ
ベトナムまで足を運んだだけの

価値があるなあと感じます。

 

参加される方の多くが
また行きたいなあと思われる

一番の要因はこれだと思います。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     * 10月9日(日) 東京で自分にピッタリの海外関連利殖法探求セミナーを行います。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月29日から11月2日までベトナムのホーチミンを訪れ
  上場会社や市内の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月12日(土)、大阪で、11月13日(日)、東京で中国株・ベトナム株投資セミナーを
行います。(大阪セミナー、参加希望者8名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 2012年2月25日から29日までベトナムの首都、ハノイを訪れ
  上場会社や郊外の開発地域を訪れます(現在の参加希望者 5名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望される方は  

<jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールしてください。
口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。
ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑このページのトップヘ