2011年06月

6月13日、私と妻は北京市東南部にある
朝陽区にある三全公寓と目の鼻の先の位置にある
ケンピンスキーホテルで朝を迎えました。

北京に行ったら確かめておきたかったことの一つが
三全公寓から5分の距離にあるという
地下鉄の駅を自分の目で確かめておくことでした。

 

そこで、朝食をいただく前、
ホテルの玄関を出て通りに出ました。

 

すると、すぐ目の前に地下鉄の駅があります。

「亮馬橋駅」と書かれていました。

実際に階段を下りて、改札口の前に出ました。

 

東京や香港の地下鉄と変わらない

地下鉄の様子を確かめることができました。

ただ、カバンを持った乗客が、
改札口を通る前、そのカバンを
検査機に通しているのは独自の風景でした。

 

また地下鉄の線路の図を見て、
ここから簡単に天安門広場に行けそう

との感触をつかみました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。今回の邱永漢投資考察団に参加して得た体験やベトナム投資視察旅行のことなどもお話します。(9名の方々が参加されます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。(4名の方々が参加されます)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、また10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。ジャパン証券とAPEX社の支援を得て行います。(8月のセミナーには14名の方が参加されます。)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

邱永漢さんの歓迎スピーチが終わっていよいよ

三全公寓・陶朱公館での夕食がはじまりです。

 

考察団参加者は50名近いので
4つのテーブルに分かれ、
私と妻は邱永漢さんを囲むテーブルに
座らせていただきました。

 

邱さんの左隣に上田尾秘書、

その左隣に私、そして妻が座らせていただきました。

邱さんの右隣には兵庫県から参加されたMさん、

その右隣に“下丸子で働く社長さん”で有名な

東山堂ベーカーりーの原田さん

その隣が名古屋から見えた方、

またその隣が原田さんの奥様です。

 

テーブルの真ん中にはこの席で提供される

料理のメニューが書かれた紙が置かれています。

それを手元に引き寄せました。

 

蟹の卵入り旬のサラダ    カボチャと百合根の和え物

干し海老風味の焼き豆腐   牛肉の唐辛子ソース

邱家の鶏の白蒸し      貝柱と卵の白身の炒め物

 

中華風オニオンスペアリーブス

邱家の里芋と豚バラ肉の蒸し物

海老・油条・クワイのレタス包み

茄子の黒胡椒鉄板焼き

舌平目のピリ辛揚げ

邱家のえんどう豆海老味噌炒め

ネギ油麺

邱家の小籠包

マンゴープリン

 

このメニューとにらめっこしながら

料理をいただきました。

 

私にとって印象深いのは

「邱家のえんどう豆海老味噌炒め」です。

 

邱さんに一番先に手をつけていただき、

そのあとで順にいただくとのが

その場の暗黙のルールでしたが、

私の目の前にこの皿が配られると

「エンドウ豆」の鮮やかさに心打たれ

心ならずも、つい箸が出て、つまんでしまいました。

 

妻の印象を聞くと

「邱家の里芋と豚バラ肉の蒸し物」
「茄子の黒胡椒鉄板焼き」

「ネギ油麺」がよく、
「ネギ油麺」は『邱家の中国家庭料理』
を手本に、次女とつくたことがあるとのことでした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。今回の邱永漢投資考察団に参加して得た体験やベトナム投資視察旅行のことなどもお話します。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。実際に投資している体験者も参加されます。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、また10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。ジャパン証券とAPEX社の支援を得て行います。(8月のセミナーには14名の方が参加されます。)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日紹介した邱永漢さんのスピーチ(6月12日)の続きを紹介します。


「いま中国株が下落しています。
この傾向は2ヶ月は続くと思います。

 

中国が金融を引き締めていて

アメリカの戻りが遅れているからです。

 

一方、中国では20%程度の賃上げが行われ

この傾向は10年は続くと見ています。

 

このことで国内の消費力が高まり、

これからは従来の輸出に代わり
国内消費が牽引して経済が拡大する方向に
動いていくと見ています。

 

ですから今後10年は中国株をやるべきだ
と考えています。

 

株が下がる場合もありますが、
あわてる必要はありません。
選び間違えた株を

これから上がる株に入れ替えるだけです。

 

さてこれからは新興国の時代です。

アフリカには9億人の人がいて
53カ国もあります。

 

いま中国人がアフリカに出かけて
通信のための塔を立て、電話機が普及し

アフリカの人たちの出稼ぎが盛んになり
子弟の教育が普及しています。

こうしたアフリカを含む
新興国の台頭で今後、資源が足りなくなります。

 

今回はこうした時代傾向のなか、

資源を供給している会社を訪れます。


ウルムチでニッケル

(ステンレスに必要な金属)を

採掘、加工している会社、

また洛陽でモリブデンを
採掘、加工している会社も訪れます。

 

道中長いです。
これからの旅を一緒に楽しんで

いきたいと思います。」


だいたいこのような話をされ、

そのあと、夕食をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。今回の邱永漢投資考察団に参加して得た体験やベトナム投資視察旅行のことなどもお話します。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。実際に投資している体験者も参加されます。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、また10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。ジャパン証券とAPEX社の支援を得て行います。(8月のセミナーには13名の方が参加されます。)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。口座開設は日本国内で可能ですが、開設までに1ヶ月程度かかります。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



 

北京、三全公寓に案内された
第70回中国投資考察団参加者は

中国伝統文化展示館、種字林に展示されている

昔の生活品や金言金句の書を見て回った後、

邱永漢さんの歓迎スピーチをいただきました。

 

「皆さん、私は2週間前から北京に来ています。

いま、これから10年、中国はどう変わるかに
頭を使っているんです。


私がいま考えていることは
必ず食糧が不足するということです。

工業化は食糧不足を引き起こします。

日本の場合であれば、7、8千万人分の食糧不足ですみ、

この程度であれば、不足を補えます。

しかし、中国の場合は、7億人分の不足が起こり、

それを補おうとすれば、アフリカの9億人が飢え死にします。

 

これから、10年間、
中国では大型農業が求められると考え、

その候補地として5箇所見てきました。

1つは雲南省昆明

2つは四川省成都

3つはハイフウ

4つはハンタイの広東省三つの農場

(会長さんがわざわざ案内してくれました)

5つは安徽省の農業地帯

 

いま福島県や岩手県で農業に従事している人の

多くは結局、元のところに戻って

仕事をすることになると思いますが、

私はこういうニーズのある場所に移して
新規まき直しをするチャンスがあると

考えています。」

この次の話は次回に紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。今回の邱永漢投資考察団に参加して得た体験やベトナム投資視察旅行のことなどもお話します。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。実際に投資している体験者も参加されます。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、また10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。ジャパン証券とAPEX社の支援を得て行います。(8月のセミナーには14名の方が参加されます。)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

北京、三全公寓の種字林で

18年前の第3回邱永漢投資考察団で一緒だったという

友人から話しかけられ、話に興じていると
今回の投資考察団の事務局を務めておられる徐学林さんから

「邱先生がお見えですよ」とささやかれました。

 

徐さんに促されて後ろを見ると、
邱さんがにこやかな表情で

大勢の参加者がつめかけて
ごった返すような混み具合になっている
種字林の入り口近くの椅子に座り、
にぎやかな表情で店内の様子を見ておられます。

 

すぐに前に出て

「先生、お世話になります。よろしくお願いします」

とご挨拶し、またそばにいる妻をさしながら
「妻も一緒です。よろしくお願いします」
と申し上げました。

すると邱さんは

「三全公寓の評価が三倍になりましたよ」

とおっしゃいました。

そして、そばに立っている
邱グループの若いスタッフに向かって

「この人は三全公寓の部屋を持っているからね」

と説明されました。

 

とっさのことで、
「三全公寓の何の評価が三倍になったのでしょうか」
ということを聞くのを忘れてしまったのですが

その前、ケンピンスキーホテルの外を歩き、

アメリカ大使館が立っていたことが頭にありましたので

うかがいました。

「女人街の傍にアメリカ大使館がありましたが、

あれは前はなかったように思うのですがいかがでしょうか」

 

邱さんはうなづき

「前はなかったです。最近移ってきたのです」
とおっしゃいました。

 

帰国してから調べると、

米国は2004年2月から2億7500万ドルをかけて

駐中国大使館の移設に着手し、2008年に完成させています。

 

三全公寓内の部屋のオーナーとしては頼もしいことです。

 

そのあとの会食で、邱さんの秘書の上田尾さんから
いま三全公寓のそばの「朝陽公園」の開発が

検討の俎上に上っていることを聞き、これから先も
楽しみと思ったことでした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日、東京渋谷区のビラモデルナ で中国株・ベトナム株のセミナーを開きます。今回の邱永漢投資考察団に参加して得た体験やベトナム投資視察旅行のことなどもお話します。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月24日、10時に東京原宿竹下口に集まり、私や友人たちが手に入れた便利のいいところに立つワンルームマンションを見て歩き、その効用や購入の仕方をお伝えします。実際に投資している体験者も参加されます。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日から17日まで、また10月29日から11月2日まで、ベトナムのホーチミンを訪れ上場会社や市内の開発地域を訪れます。ジャパン証券とAPEX社の支援を得て行います。(8月のセミナーには13名の方が参加されます。)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベトナムにおける唯一の日系の証券会社、ジャパン証券の投資口座開設を希望され方は  <jsi@japan-sec.vn>に「投資口座を開設したい」旨のメールを出してください。ちなみにジャパン証券のホーム・ページはhttp://www.japan-sec.vn/です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

↑このページのトップヘ