2016年、ミャンマーCB銀行が
ティラワ経済特区に支店を開いた。
その時の、日本経済新聞の報道を以下に紹介する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ミャンマーの大手銀行、

コーポラティブ銀行(CB銀行)はこのほど

最大都市ヤンゴン南東のティラワ経済特区(SEZ)に

支店を開設した。

特区への銀行支店開設は初めて。

CB銀と提携する三菱東京UFJ銀行も職員を派遣し、
SEZに進出した日本企業などを支援する。

金融インフラ整備の進捗は特区への産業集積を後押ししそうだ。 
 

支店は貸し出しや送金など全金融サービスを手掛ける。

支店内に「ジャパンデスク」も設置し
三菱東京UFJ銀からCB銀に出向した日本人職員も配置する。

ティラワはミャンマー初の経済特区で
進出企業に税制優遇などが与えられる。

2015年秋、
日本の官民の支援を得て特区内に大規模工業団地が開業。
現在日系を中心に約60社が進出済みだが、
従来、近傍に銀行の支店はなかった。
 

ミャンマーでは14年秋、銀行市場の外資開放が決まり、
15年4月、三菱東京UFJ銀が
外銀の先陣を切ってヤンゴン市内に支店を開設した。

現在、外銀は1カ所しか支店開設が認められず、
地元事業会社や個人向けのサービスも認められていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2015年、三菱東京UFJ銀行が

ヤンゴン市内に代理店を開設した。

その時のローターの報道です。

三菱東京UFJ銀行は22日、

ミャンマーの最大都市ヤンゴンに支店を開設した。

昨年(2014年)10月、ミャンマー政府から

営業認可を得た外国銀行9行の中で同行が初となる。 
 

渡邊剛常務執行役員アジア・オセアニア本部長は

ヤンゴン支店での記者会見で、
払込資本金は最低額の7500万ドルに対し1億ドルになったと指摘。
「ミャンマーに対する強力なコミットメントを示す」と語った。 
 

さらに1年後をめどに150口座、1億ドルの預金獲得を目指すとした。 


2014年、ミャンマーは日本の3大メガバンク
ほかに、銀行免許を交付しました。
その時のロイターの報道を以下に紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ミャンマーは、日本の3メガバンクを含む外国銀行9行に銀行免許を交付した。

金融を外資に開放することにより、海外からの投資がさらに拡大することを期待している。 

ミャンマー政府は、同国に事務所を置いている

約40の外国銀行に申請資格を与え、25行が申請していた。 
 

ロイターが入手した政府の文書によると、
9行は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、
三井住友フィナンシャルグループ、
みずほフィナンシャルグルーの各銀行部門、
オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)、
中国工商銀行、シンガポールのOCBCとUOB、
タイのバンコク銀行、マレーシアのマラヤン・バンキング(メイバンク)。
 

各行は、支店を1店舗設立し、
外国企業に対し外貨建ての融資ができる。
ミャンマー企業に融資するには、現地金融機関と協力する必要がある。 
 

三菱東京UFJの広報担当者は、免許を取得したことを明らかにした。 
 

ANZの国際機関投資家向け金融部門の
アンドリュー・ゲクジー最高経営責任者(CEO)は声明で
「規模や経済的可能性、中国とインドの間にあるという戦略的位置から、
ミャンマーは中期的に地域で最も高い成長が見込まれる」
と述べた。 

今回の銀行免許は、
期間が12カ月に限定された暫定的な免許で、
この間に中銀が設定した要件を満たした上で正式な免許が交付される。
最低払込資本金は7500万ドル。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

↑このページのトップヘ