今回の4月のホーチミン視察セミナー、
上場会社の訪問が12日に集中。
このため、前日の11日の予定をどう埋めるかが
課題になりましたが、ふと頭に浮かんだのは
日本の東急が進出しているベカメックスの再訪問。

当地の開発組織のスタッフとして
活躍されている植松様ご夫妻
(ご主人は日本の大手商社 の元社員。
奥様はベトナム女性)に打診しました。

ちょうど、ご夫妻で日本への出張の
ご予定があるとのことでしたが、
ご主人あるいは
ご主人が都合がつかないとき奥様(日本語堪能)
が帰国を早め、対応してくださるとの連絡をいただきました。

こうして急遽、11日の午前中は
ベカメックス見学が決まりました。

ホーチミンから約一時間のところですが、
日本の東急が進出するなどして、2、3年ほど前
NHKも報道番組で、広大な開発地の様子を伝えたところです。

シンガポール政府も開発に関与しています。 

今度のホーチミン視察には
商都、ホーチミン、首都、ハノイ
ハノイの外港、ハイフォンなど、
ベトナム一円の最新事情に滅法詳しい
友人が参加してくれます。

友人は、今度のホーチミン視察で
見ておくと良いという箇所を
具体的にリストアップしてくださり
大助かりです。

この友人らと
先にホーチミンを訪ねたのは2014年10月ですが、
友人によると、いまのホーチミンには
見るべきところが、たくさん誕生し、
「驚かれると思いますよ」 とのことです。

かつて、邱永漢先生は、
知らないところを訪ねるとき、
「『名所旧跡』より『名所新跡』が興味をひく」 
とおっしゃいましたが、いまのホーチミンには
見るべき 『名所新跡』が次から次に生まれているようで
頼もしいです。 

4月11日から13日にかけ
ホーチミン訪れますが、
訪問する上場会社が決まりました。
 
ビナミルク(VNM)
ビングループ(VIC)
マサン(MSN)
ビンミンプラスティック(BMP)
ジェマデプト(GMD)

いずれもベトナムを代表する会社です。

またこれらの会社への訪問とあわせ
次のような沢山の開発プロジェクトも見て回ります

⚪︎日本の東急グループが進出し、
3年前にも訪ねた ベカメックス開発地域。
⚪︎イオン・モール(タンフーセルダン店あるいはビンタン店)
⚪︎ダイワハウス工業、野村不動産、住友林業
が高級分譲住宅150戸の建設を計画しているフーミーフン
(仮称「ミッドタウン計画」。7区)。
⚪︎トゥーティエム新都市区における大規模開発
「エイパイアシティ」計画地(2区)。
⚪︎高層ビル「ザ・ランドマーク81(The Landmark 81)など
ビングループ(VIC)が開発しているビンホーム・セントラルパーク(ビンタン区)
⚪︎先端的な企業が進出しているサイゴン・ハイテクパーク (9区) 
⚪︎昨年開業したホーチミン三越(1区)。
⚪︎ビングループが開発しているビンホームズ・セントラルパーク(1区)。
⚪︎ホーチミン市全区が展望できる
ビテクスコ・フィナンシャル・タワー(1区)。



 

↑このページのトップヘ