「株の原則学習セミナー」に
参加していただいた方々のうち、
数人の方に、今度はお会いして
意見交換したいのですが、いかがですか
と申し上げたところ、賛同いただき、
残暑厳しい8月下旬のある日、
東京、埼玉、栃木、富山の各地で
活動されている方々に東京の目黒に
集まっていただきました。

互いに初対面の間柄ですが、
同じ教材で勉強した仲間ですから、
たちまちうちこけ、本音で意見を
交じえることになりました。

私から、投資暦をうかがうと、
中国株を始めて数年になる人、
最近はじめばかりの人、
まだ株は買っておらず
近いうちに中国株を買うつもりという人
などキャリアはマチマチです。

そして“株の原則”には
どういう印象をお持ちですかと聞くと、
中国株を始めて数年になると
おっしゃる方が
「株の原理・原則は頭では
わかったつもりになっていても
実際に実行に移すことは難しい」
と感想を述べてくださいました。

確かに「株は安くなったときに買うのがいい」
と言われても、安くなったときは、概して
株への興味が薄れ、買いたいという気持ちが
薄らいでいる時ですから、そういうときに
株を買うにはかなりの思い切りが必要です。

ですが、その難しいことをやってのけて
初めて、チャンスをつかめるのですから、
心のなかの抵抗感を克服して
動くことを習慣化することが
大事ですね申し上げました。

通信スタイルで受講いただける
「株の原則学習セミナー」を
始めたのは一昨年の末のことです。
株と上手につきあうのはむずかしいことです。
その難しい株とうまくつきあう要領を
パソコンの前で勉強できるのは面白い、
と思われる方がおられ方々に
利用いただいてきました。

このセミナーを受けていただく方々には、
私の方から10回程度、資料を添付して
メールをお送りしましが、おりおり
感想や質問をいただいたりします。

その都度、私も返事を書きますので
結構、内容の深い応答が繰り返されます。
そうした交流をくりかえすうちに
互いに相手の姿はわからないのですが、
親近感がわいてきます。

そして最終便を届ける段になると、
しばしば「これで応答がなくなるのは
たいへんさびしいことです」
といった感想をただきます。

私はセミナーに参加いただいた方々には
その後も交流を楽しんでいただくよう
複数の掲示板を動かしていまして、
この掲示板を見たり、書き込んだりして
勉強が終わった後も交流が続くように
しています。

そうしたことも手伝い
「株の原則学習セミナー」を通して
各地で活動される方々との
交流が広がり、また続いています。

株にお金を投じる人が守ったほうがいい
原則がある、と今の私は考えています。
ただ、このことに気づくのに、
少し時間がかかり過ぎたという反省があり、
もっと短い時間で、効果的に
株の原則を習得する方法がないものか
と頭をひねりました。

その結果、考えついたのが
次のようなスタイルでの勉強法です。

株式投資の重要なテーマを9つにわけ
一つのテーマごとに、受講される方に
資料を添付形式で送ります。

その資料には、質問とそれに関した
読み物が用意されています。
受講される方は最初に、
その質問に答えていただき、
続いて、読み物に目を通していただくことで、
自分の原則に対する理解の状況を確かめながら
理解を深めていただき、実際に役立つ知恵を
学んでいただきます。

そういう形の資料を9回お送りして
勉強いただきます。
そしてそのあと、番外として、
株の原則を勉強することで
投資のスタイルが変わっていた
私の体験談話を2回にわたって
楽しんでいただきます。

株の初心者の方々には
株の世界は奥が深いことを実感いただきながら
株とうまくつき合っていための要領をつかみ、
また、すでに株を経験している方々には、
自分の理解の状況を確かめながら
理解が不十分な箇所について
勉強を深めていただきます。

これが「株の原則通信セミナー」
と読んでいるもので、
一昨年末からスタートして、
わりに多くの方々に試していただき、
おかげで多くの友人を得ました。

こうした形の勉強に興味を覚えられる方々は
どうぞ、お試しください。

↑このページのトップヘ